Amazonでお得にショッピング

Windows10のシャットダウン時に出てくる「LogTransport2.exe」のエラー表示を改善する方法

TransPort2.exeエラー

最近になってパソコンをシャットダウンするときに「LogTransport2.exe」というアプリのエラーメッセージが表示されるようになりました。

一瞬、「ウィルス感染したのか?」と思ってしまいましたが、

どうやら原因はAdobe(アドビ)の設定が影響していることがわかりましたので、対処方法を解説していきます。

目次

Adobeのアカウント管理で「LogTransport2.exe」エラーを改善する

Adobeのヘルプマイアカウントを管理をクリック。

以下のようにログイン画面が出たときはログインしましょう。

プロフィールプライバシーの順に選択してプライバシー設定を開きます。「Adobe Account はい、アドビデスクトップアプリケーションの操作情報を提供します。」と「Adobe Account はい、自分のコンテンツを機械学習テクノロジーを使用してアドビが分析するのを許可します。」のチェックをOFFにすればAdobeの設定は完了です。

パソコンを再起動すれば設定が適用され、以降「LogTransport2.exe」に関するエラーメッセージは出てきません。

そもそも「LogTransport2.exe」って何?

「LogTransport2.exe」は自分で作成したAdobeのコンテンツ(ファイル)をAdobe社に提供するためのツールです。

そのため、先ほどのチェックを2つ外してもAdobeアプリの機能に影響を及ぼすことはありません

まとめ

最近はWindowsやmacOSでもフラットイメージなウィンドウに見慣れているせいか、レトロなクラシック系のエラーメッセージが出てきたときに慌ててしまいました。

機械学習系のツールは今後も増えてくるでしょうがユーザーに不安を与えてしまう挙動はしてほしくありませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる