Amazonでお得な買い物

.NET5のSDKで「このインストールはシステムポリシーで許可されていません。システム管理者に問い合わせてください」のメッセージを解決する方法

.NET5のSDKをインストールしようとしたらこんなメッセージが出てきてしまいました。

「このインストールはシステムポリシーで許可されていません。システム管理者にてください」

何のことやらさっぱりわかりませんでしたが、Windowsレジストリを設定することで解決に至ることができました。

原因はどうやらインストール時に必要な仮想メモリが不足している状態に陥っていたためでした。

参考ページ:Microsoft公式サポートページ

目次

「このインストールはシステムポリシーで許可されていません。システム管理者に問い合わせてください」を解決するにはレジストリのPolicyScopeを「1」にする

“HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Safer\CodeIdentifiers”キーにある「PolicyScope」を「1」に変更します。

STEP
レジストリエディタを開く

Windowsボタンを押下した後、「regedit」と入力してEnterを押すとレジストリエディタが開きます。

STEP
“HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Safer\CodeIdentifiers”キーを開く
STEP
「PolicyScope」を「1(有効)」に変更する

デフォルトでは「PolicyScope」は「0(無効)」になっています。「1(有効)」にすることでメモリ空間を開放することができます。

PolicyScopeを「1(有効)」に変更後
STEP
対象のインストーラ(今回であれば.NET5 SDK)にてインストールする

.NET 5 SDKを再度インストールしたところ今回は上手くいきました。

.NET 5 SDKのインストール成功

Visual Studio 2019にて.NET 5のフレームワークを選択することもできたので成功です。

Visual Studio 2019にて.NET 5のフレームワークを選択
STEP
「PolicyScope」を「0(無効)」に戻して完了

最後にPolicyScopeを「0(無効)」にしておきましょう。メモリの設定は後々トラブルになりやすいので忘れないように注意が必要です。

まとめ

今回は無事にレジストリ設定にて現象が解決しました。

一応、物理メモリは8GB搭載しているパソコンだったのですが何故メモリが足りないのかは謎です。

最近は必要なライブラリやモジュール自体の容量がアップしているためインストーラも肥大化しているということが原因かと思います。しかし、Microsoftももう少しわかりやすいメッセージを表示できないものですかね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる