Amazonでお得な買い物

【無料版】Mac mini M1の仮想環境にUbuntuをインストールする方法

M1チップのMacにUbuntuをインストール

今回はMac mini M1にUbuntuをインストールする方法を解説していきます。

Macの仮想環境はParallels DesktopVMWare Fusionなどが有名ですが、今回はUTMを使ってUbuntuを動かしてみました

この記事はこんな人におすすめ
  • M1チップのMacにLinux(Ubuntu)環境を構築したい
  • macOSに対応した無料の仮想環境ソフトを知りたい
目次

仮想環境UTMのインストール

STEP
UTM公式サイトでインストーラをダウンロード

UTM公式サイトに行ってダウンロードをクリックすると、dmgファイルがダウンロードされます。

Mac App Storeからインストールを試みると有料で課金が発生するので注意です。

UTMダウンロード
UTM公式ページからダウンロード
STEP
UTMをインストール

ダウンロードしたUTM.dmgファイルをダブルクリックしてApplicationsフォルダに移動します。

UTMインストール
UTMをインストール

UTM環境にUbuntuをインストール

先ほどインストールしたUTM環境にUbuntuをインストールしていきます。

UbuntuはServerとDesktopの2種類ありますが、

  • GUIで操作する必要がなければServer
  • GUIで操作したいならDesktop

といった感じで選択すると良いでしょう。

今回はUbuntu Desktop(GUI版)を構築していきます。

STEP
Ubuntu Desktopをダウンロード

まず、Ubuntu公式ページに行きUbuntu Desktopのイメージをダウンロードします。

M1チップのMacの場合はARM版の64-bit ARM (ARMv8/AArch64) desktop imageを選びましょう。

Ubuntu Desktop ダウンロードページ
Ubuntu Desktop ダウンロードページ
STEP
UTMにUbuntu Desktopを作成

UTMを起動してCreate New Virtual Machineをクリック。

UTMで新しい仮想環境を構築
新規に仮想環境を構築

Virtualizeをクリック。

Virtualize
新規に仮想環境を構築

OSの選択画面になるので、Linuxを選びましょう。

Linuxを選択
Linuxを選択

Boot ISO ImageBrowse...から、Step1でダウンロードしたLinux DesktopのISOイメージ(focal-desktop-arm64.iso)を選択してContinueをクリック。

ISOイメージからLinuxをインストール
ISOイメージからLinuxをインストール

メモリ容量を選択してContinueをクリック。今回はそのまま4096MBとしました。

Linuxのメモリ容量を選択
メモリ容量を選択

ストレージ容量も選択してContinueをクリック。今回は16GBとしました。

Linuxのストレージ容量を選択
ストレージ容量を選択

Shared Directoryで共有フォルダを選択できますが、今回はそのままContinueしました。

Shared Directory
Shared Directory

SummaryNameにて仮想環境の名称(Ubuntu Desktop)を入れてSaveします。

Summary
Summary

新たに仮想環境を構築することができました。

Ubuntu Desktop
Ubuntu Desktop
STEP
Ubuntu Desktopを起動してみる

先ほど作成した仮想環境の再生アイコンをクリック。

Try Ubuntu without installingをクリックすればUbuntu Desktopが起動してきます。

Ubuntuの起動
Ubuntuのブート画面

Ubuntu Desktopが起動しました。

Ubuntu Desktopのデスクトップ画面
Ubuntu Desktopのデスクトップ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間。日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次