Amazonでお得な買い物

Macbook Air M1 2020の評価レビュー|Appleシリコンの実力を旧Macbook Proと比較検証

この度、『Macbook Air M1 2020』を購入しました。白状すると衝動買いです。

なぜかって、注目はなんといってもApple独自開発チップの「M1搭載」でしょう!

この記事ではM1搭載の『Macbook Air M1 2020』と旧Macbook Pro 2012を比較検証してM1の実力がどれほどあるのか評価レビューしていきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 旧Macbookからの乗り換えを迷っている
  • M1とIntel製チップどちらを選ぶべきか知りたい
  • M1チップ搭載のMacbookの評価を教えてほしい
目次

『Macbook Air M1 2020』のスペック

まずは『Macbook Air M1 2020』のスペックを見ていきましょう。

項目内容
カラーゴールド、シルバー、スペースグレイ
価格104,800円(税別)
129,800円(税別)
ディスプレイRetinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)
LEDバックライトディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度
チップApple M1チップ
8コアCPU
7コアGPU
16コアNeural Engine
メモリ8 or 16GB
ストレージ256GB / 512GB / 1TB / 2TB
バッテリー持続時間最大18時間
電源USB-C電源アダプタ(30W)
充電と拡張ポートThunderbolt(USB 4)✕ 2ポート
Touch ID
ネットワークWi-Fi
Wi-Fi 6対応(802.11ax)
・IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
Bluetooth 5.0
カメラ720p FaceTime HDカメラ
サイズ高さ:0.41~1.61 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量1.29 kg

今回の『Macbook Air M1 2020』の特徴は、

  • Apple独自開発のM1チップ
  • バッテリー持続時間が最大18時間
  • Wi-Fi6対応

といったところでしょう。

『Macbook Air M1 2020』の評価レビュー

一番気になるのは『Macbook Air M1 2020』のベンチマークでしょう。

結論から言うと、AppleシリコンM1がとてつもないパフォーマンスであることがわかりました。

ベンチマークの結果だけでも『Macbook Air M1 2020』はお買い得と言えるでしょう。

『Macbook Air M1 2020』のCPU/GPUのベンチマークをMacbook Pro 2012と比較検証

計測ツールは「Greekbench 5

項目Macbook Pro
2012
Macbook Air M1
2020
CPUInte Core i7-3520M
2.90GHz
AppleシリコンM1
GPUIntel HD Graphics 4000AppleシリコンM1

『Macbook Air M1 2020』のCPUのベンチマーク

Macbook Air M1 2020』のCPU(AppleシリコンM1)のベンチマークはMacbook Pro 2012の「Intel Core i7」よりも最大で約5倍高い結果が得られました。

『Macbook Air M1 2020』のGPUのベンチマーク

続いて、GPUのベンチマークですが、『Macbook Air M1 2020』のGPU(AppleシリコンM1)の方がMacbook Pro 2012の「Intel HD Graphics 4000」よりも最大で約17倍高いパフォーマンスが得られました。

GPUベンチマーク(Macbook Air M1 2020)
GPUベンチマーク

AppleシリコンM1はCPU/GPUともにまさに悪魔的スペックと言えるでしょう。

『Macbook Air M1 2020』のメモリとストレージのベンチマークをMacbook Pro 2012と比較検証

それでは実際に『Macbook Air M1 2020』のメモリとストレージのベンチマークが旧Macbook Pro 2012と比べてどれくらい向上しているのか見ていきましょう。

項目Macbook Pro
2012
Macbook Air M1
2020
メモリDDR3
1600MHz
8GB
ユニファイドメモリ
ストレージCrucial SSD
512GB
APPLE SSD AP0512Q
512GB
メモリとストレージのベンチマーク

『Macbook Air M1 2020』のベンチマーク(メモリ編)

Macbook Air M1 2020』のメモリベンチマークを測定していきます。

計測ツールは「AmorphousMemoryMark

結果は、SEQ128K T8で驚異の34.64GB/s(読み込み)、62.30GB/s(書き込み)という数値を叩き出しました!

これはAppleシリコン(M1チップ)の恩恵があることは間違いないですが、他のサイトを見るとIntel製チップよりも動画編集などでパフォーマンスは高いようです。

Macbook Air 2020 M1 メモリのベンチマーク
メモリのベンチマーク

一瞬目を疑ってしまうかもしれませんので、旧Macbook Pro 2020と比較した結果がこちら。もはや悪魔的スペックです!!

Macbook Air M1 2020』の方が2倍以上高速になっているデータもありました。メモリでこれほどの差が出てしまうものなのですね。

Macbook Air M1 2020のメモリベンチマーク(読み込み)
メモリ(読み込み)のベンチマーク
Macbook Air M1 2020のメモリベンチマーク(書き込み)
メモリ(書き込み)のベンチマーク

圧倒的にM1チップを搭載した『Macbook Air 2020 M1』の方がパフォーマンスが高いですね。これはちょっと異常なくらいです。

『Macbook Air M1 2020』のベンチマーク(ストレージ編)

続いて『Macbook Air M1 2020』のストレージのベンチマークを計測していきます。

計測ツールは「AmorphousMemoryMark

こちらもギガバイトオーダーで結果が出ました。SEQ1M QD8で3407.57MB/s(3.41GB/s)、3026.55MB/s(3.03GB/s)という驚異のベンチマークを叩き出していますね!

ストレージのベンチマーク

Macbook Air M1 2020』の方が「Macbook Pro 2012」よりも約6倍高速という結果が出ました。同じSSDといえここまで差がつくと次元が違うといった表現の方が正しいかもしれませんね。

Macbook Air M1 2020のストレージベンチマーク(読み込み)
ストレージ(読み込み)のベンチマーク

ただ、書き込みについてはRAND4K QD64/QD1にてMacbook Pro 2012が上回る結果となりました。とはいえ、『Macbook Air M1 2020』の異次元さが際立ちますね。

Macbook Air M1 2020のストレージベンチマーク(書き込み)
ストレージ(書き込み)のベンチマーク

『Macbook Air M1 2020』のバッテリーはとてつもなく長持ちだった!|Macbook Pro 2012と比較検証

今回のMacbook Air/Pro 2020の最大の特徴ともいえるのがM1チップなわけですが、M1チップの最大のメリットはバッテリーが長時間持つことです。

AppleシリコンM1でいかに高速になってもバッテリー消費が激しければ意味がありませんよね?

そこで、実際にバッテリー100%の状態からの減り具合を旧Macbook Pro 2012と比較してみました。

検証条件
  • バッテリー100%から0%までの時間を計測
  • ディスプレイの明るさは最大にしておく
  • FullHDの動画を再生し続ける

最大バッテリー持続時間はこちら。

  • Macbook Pro 2012が「4時間」
  • Macbook Air M1 2020が「8時間30分
Macbook Air M1 2020 バッテリー持続時間
バッテリー持続時間

Macbook Air M1 2020』の方が実に2倍以上のバッテリ持続時間を実現していることがわかりました。公式の仕様は動画再生時に最大18時間を謳ってはいるが、約1/2の8時間になっている理由はディスプレイの明るさを最大輝度にしているためと思われます。

13インチ画面サイズのままベゼル部分が狭くなってコンパクト感が増した

Macbook Air M1 2020』はベゼル部分が「Macbook Pro 2012」と比べると1/2程度狭くなっていました。

ディスプレイサイズは同じ13.3インチでも全体的にコンパクトになっており持ち運びしやすいですね。

Macbook Air M1 2020のベゼル部分

キーボードは少し硬くなった

Macbook Air M1 2020』の方がMacbook Pro 2012よりもキーボード入力時にカチカチ(硬く)するようになりました。

Macbook Air M1 2020のキーボード

Macbook Pro 2012のときはヌルヌルといった感じでしたが、『Macbook Air M1 2020』はスマートさが増した印象を受けます。個人的には『Macbook Air M1 2020』の硬さが好きですが、ヌルヌルした感じが好きな方は違和感を覚えると思います。

『Macbook Air M1 2020』へのデータ移行は無線で完結!!

今まで知らなかったのですが旧Macbookから新Macbookへ無線でデータ移行できました。

データ移行に要した時間:約6時間
旧Macbook Proのデータ容量:400GB

購入後始めて、『Macbook Air M1 2020』を起動させると言語やWi-Fi設定がされて「移行アシスタント」により古いMacbookからデータ移行することができます。具体的にはP2P(ピアツーピア)というPC同士をお互いに無線通信する技術が使われます。

M1チップ搭載の「macOS Big Sur」で気になる動き

AppleシリコンM1チップ以外に注目されているのが「macOS Big Sur」。

インストールされているアプリケーションの起動は問題なくできていましたが、Google系のアプリで気になる動作がありました。

Google Chromeが途中で落ちる

旧Macbook Proからデータ移行後に、Google Chromeを起動して動かすことは問題なくできました。

しかし、途中で突然Chromeが落ちる現象が何度か起きたのです。

調べたところ、どうやらAppleシリコン用のChromeをインストールスル必要があったようで再インストール後は問題なく動作しています。というよりも、むしろAppleシリコン対応Chromeの方がサクサク動きます。

Googleドライブが使えない

Googleドライブを起動するとこのように「エラーコード:5FF01BEC」になってバックアップと同期をすることができていません。

Googleドライブがエラーになる

この現象は今も続いており対策方法というのも無さそうで、Google側がAppleシリコンに対応するのを待つしかなさそうです。

Is Apple silicon ready?」というサイトに各種アプリケーションの互換性情報が載せられているのですが、Google DriveはM1もRosetta 2も非対応となっているようでした。

Google DriveのM1チップ互換性

解決策が分かり次第記事を更新します。

2021/01/11追記
M1チップ搭載MacでGoogleドライブを同期させるためにはGoogleドライブ削除後に再インストールすることで解決できることがわかりました。
▼参考記事はこちらになります。▼

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる