Amazonでお得にショッピング

【Unity入門】Unityの始め方を解説|ドットインストール1日目

Unity」はVRや3Dゲーム開発ができるゲームエンジンです。

C#でプログラミングできるので、本当にゲームプログラムを作成できるのか興味がてら勉強してみることにしました。

参考サイトはドットインストール(dotinstall)の「Unity入門」

まずは1日目になりますが、今後も更新していく予定でので、Unityに興味のある方は参考にしてみてくだいね。

今回の記事で進んだところ
  • ドットインストール1〜2日目
  • Unityのインストーラからプロジェクト作成まで
目次

手順1:Unityを入手する

まずは開発環境を用意せねばなりません。順番に説明していきます。

アカウントを作成

Unityのホームページにアクセスしてアカウントを作成するところから始めましょう。

Unityをダウンロード

アカウントが取得できたらサインアップして、右上のはじめるから個人向けPersonalの始めるを選びましょう。

Unityのページが新しくなっているためかドットインストールの説明画面とは異なりました。

Unityのアカウント登録
Unityのダウンロード1

始めようをクリックします。

Unityのダウンロード2

利用規約をよく読んで同意してダウンロードします。

Unityのダウンロード3

手順2:Unityをインストールする

UnityHubSetup.dmgというファイルでダウンロードされたら、そのまま展開していきます。

Unity Hubのインストール1

アプリケーションフォルダにUnity Hubをドラッグ&ドロップしましょう。

Unity Hubのインストール2

インストールが終わったか確認するためにLaunchpadからunityと入力して、「Unity Hub」が表示されることを確認します。

Unity Hubの起動1

表示されたらそのまま開きます。初回はこのような画面が出てきますが開くを選びましょう。

Unity Hubの起動2

初回はこのような画面になりますので、インストールをクリックします。ドットインストールの説明画面とは異なりますが手順は同じ流れになります。

インストール時間は5分くらい掛かりました。

Unityのインストール

インストールが完了するとこのような表示になります。

Unityのインストール完了

手順3:Unityでプロジェクトを作成する

Unity IDでサインイン

Unity IDは作ってあるので、すでにUnity IDを所有しているを選びましょう。

Unityのサインイン1

Unity ID作成時のメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

Unityのサインイン2

プロジェクトを作成

プロジェクト名を「MyFirstUnityProject」として3Dを選択し次へ進みます。

ドットインストールではこの画面でプロジェクトのフォルダパスを指定できるようでしたが、設定できる箇所は見当たりませんでした。

プロジェクトを作成

Unityの起動

いよいよ最後 UNITYを起動しましょう!

Unityを起動

無事にUnityが起動してきました。

Unityの起動成功

まとめ

今回はUnityのインストールからプロジェクト作成まで行いました。

ポイント
  • Unityのアカウントを作成する
  • Unityは無料でインストールすることができる

Unityのホームページやインストーラが新しくなっているためか、ドットインストールの説明と若干異なる箇所もありますが大まかな手順は同じでした。

次回は実際にゲームを作り込む作業をしていきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる