Amazonでお得にショッピング

iPhone7からiPhone12に乗り換える必要がない理由

iPhone7からiPhone12乗り換え
この記事はこんな人におすすめ
  • iPhone7からiPhone12へ乗り換えるべきか悩んでいる
  • iPhone7とiPhone12を比較したい

2020年10月14日にApple社からiPhone12シリーズの発表がありました。

iPhone7やiPhone8あるいはiPhone6sを使用している方にとっては乗り換えるべきか悩んでいるのではないでしょうか?

私自身、iPhone7を使用していてiPhone12に乗り換えるべきか悩んだ末、今回は見送ることにしました。

そう結論づいた理由をiPhone7とiPhone12で比較検証して解説していきます。

目次

iPhone7からiPhone12へ乗り換えなくていい理由は2つ

今回のiPhone12は真新しい部分や期待した機能が備わっていないというコメントがTwitterなどで多く寄せられています。

私がiPhone7からiPhone12へ乗り換えなくていいと思った理由がこちら。

理由
  • iPhone12がUSB Type-Cに対応していない
  • 5G対応しているがミリ波に対応していない

iPhone12がUSB Type-Cに対応していない

iPhone12はUSB Type-Cに対応していません。先月発売告知したiPad Air4(第4世代)にはUSB Type-Cに対応しているため、期待していた人も多いのではないでしょうか。ちなみに、Macbook ProやiMacもすでにType-Cが標準装備されています。

最近の世の中、特にEU(ヨーロッパ)をみるとコネクタ規格を統一しようという流れがあり、Apple社のLightningケーブルだけ浮いた状態になっています。

それもそのはずで、コネクタが何種類もあると管理するのも大変だしUSB Type-Cに統一できればユーザーにとっては無造作に充電ケーブルを買う必要もなくなるのです。

今回、iPhone12がUSB Type-Cに対応できなかった理由はコロナの影響と製造ラインを増やすことによる開発費の高騰を抑えたかったためと思われます。

注意点として、iPhone12にはUSB Type-CとLightningの変換ケーブルが付属されますが、iPhone12のコネクタはあくまでLightningだということです。

5G対応しているがミリ波に対応していない

5Gサービスは4Gの次の世代の高速通信技術になりますが、iPhone12は5Gの「ミリ波」に対応しておらず「sub6」のみ対応となります。

ミリ波」とは、30GHz以上の周波数で要は5Gの中でも超高速な通信ができる周波数帯のことです。

sub6」でも3.4Gbpsと十分高速な通信ができますが、野球やサッカー、アメリカンフットボールなどの大人数が入るスタジアムでは4Gbpsというスピードが出る「ミリ波」の出番になります。

このことからも、iPhone12が5Gに対応しているとはいえ、「sub6」しか扱えないは残念な気持ちになってしまいますね。

iPhone7からiPhone12へ乗り換えるならiPhone12 miniがおすすめ

iPhone12シリーズは全4機種で構成されています。

  • iPhone12 mini
  • iPhone12
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max

「iPhone12 mini」以外はすべてiPhone7よりも大きくなるため、iPhone7から乗り換えるのであれば「iPhone12 mini」をおすすめします。iPhone12 miniはむしろiPhone7よりも軽量コンパクトで大画面なのが特徴です。

iPhone7とiPhone12 miniを比較

「iPhone7」と「iPhone12 mini」を比較していきましょう。

スペックiPhone 7iPhone 12 mini
デザインiPhone7iPhone12 mini
重量138g133g
サイズ
67.1 mm
高さ
138.3 mm
厚さ
7.1 mm

64.2 mm
高さ
131.5 mm
厚さ
7.4 mm
ディスプレイ4.7インチ5.4インチ
解像度1,334 x 750ピクセル2,340 x 1,080ピクセル
カメラ1,200万画素
f1.8
最大5倍のデジタルズーム
デュアル12MPカメラシステム:
超広角、広角カメラ
超広角:
ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:
ƒ/1.6絞り値
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
ビデオ4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
SIMnanoSIMデュアルSIM
(nanoSIM, eSIM)
指紋認証
FaceID
防水IP67IP68

解像度やカメラ画質は当然iPhone12 miniの方が格段によくなっています。

しかし、iPhone7にあった指紋認証がiPhone12ではFaceIDに置き換わったままになっていますね。習慣的にマスクをかける場面が多いこのご時世では画面内指紋認証を待望している声が多かっただけに残念なポイントではあります。

まとめ

iPhone7からiPhone12へ乗り換えを検討するための必要情報を挙げてみました。

私自身はiPhone12への乗り換えは見送ることにしました。

しかし、「iPhone12 mini」には軽量コンパクトでディスプレイサイズが大きくなっていたり、カメラ性能や処理速度が大幅に改善されているプラス材料もあります。

そのため、もしiPhone7からiPhone12へ乗り換えるのであれば「iPhone12 mini」を一押しします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる