【iOS 13.7リリース】コロナウィルスの接触通知機能が標準搭載

iOS13.7接触通知アプリ

Apple社はiPhone向けの「iOS 13.7」を9月2日にリリースしました。

iOS 13.7の機能説明

このバージョンにはコロナウィルス(COVID-19)の接触通知機能が標準搭載されています。

目次

iOS 13.7の接触通知機能を設定するには?

早速手持ちのiPhone7にiOS 13.7をインストールしてみました。

それでは、どのような設定をするのか見ていきましょう。

『COCOA』がインストールされていれば設定は不要

まず、『COCOA』をすでにインストールしていればiOS 13.7搭載の接触通知機能の設定をする必要はないようです。

今までの履歴(ログ)はそのまま引き継がれるので、利用者が改めて設定する必要はありません。

『COCOA』をインストールしていない場合は手動で設定する必要あり

ただし、COCOAがインストールされていないのであれば設定をする必要があります。

iOS 13.7 接触通知機能の設定方法

設定接触通知をタップ

接触通知

接触通知をオンにするをタップ

接触通知をオンにする

国または地域を選択で「日本」を選択

日本」は一番下の方にあります。

国または地域を選択
日本

設定が終わると「✓使用中」の文字が表示されます。

設定完了

『COCOA』は入れておくべし!

iOS 13.7の標準機能にコロナウィルスの接触通知が入ったとはいえ、COCOAは必要です。

COCOAは陽性者登録に利用される

iOS 13.7の接触通知アプリには陽性者登録する機能はありませんCOCOAから行うことが必須となります。

また、今回のアップデートは自国での接触通知アプリが提供されていない地域向けのものなので、すでにCOCOAがある日本では必要ないかもしれません。

とはいえ、まだCOCOAをインストールしていない方は入れておいたほうがいいかもしれませんね。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる