Amazonでお得な買い物

「AirPods Max」は本当に高いのか?|対応コーデックやスペックからレビューしてみる

Apple社は2020年12月18日よりワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」を発売することが決まりました。

すでにApple公式ページにて情報が掲載されてますが、価格が61,800円(税別)ととても高額で困惑されている方も多いのではないでしょうか?

今回はApple社が提示している価格が高いのか?妥当なのか?をスペックから検証していきたいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥64,571 (2021/10/15 17:11:57時点 Amazon調べ-詳細)
目次

『AirPods Max』のスペック表

さっそく、「AirPods Max」のスペック表を作ってみました。

項目内容
カラーシルバー、スペースグレイ、スカイブルー、ピンク、グリーン
オーディオ
テクノロジー
Appleが設計したダイナミックドライバ
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
アダプティブイコライゼーション
ダイナミックヘッドトラッキングを持った空間オーディオ
センサー光学センサー(各イヤーカップ)
ポジションセンサー(各イヤーカップ)
ケース検知センサー(各イヤーカップ)
加速度センサー(各イヤーカップ)
ジャイロスコープ(左イヤーカップ)
マイク9つ:
アクティブノイズキャンセリングのための8つのマイク
音声を拾う3つのマイク(2つがアクティブノイズキャンセリングと共用、1つが追加マイク)
チップApple H1ヘッドフォンチップ(各イヤーカップ)
コントロールDigital Crown:
回して音量を調節
1回押して再生、一時停止、電話に応答
2回押して次の曲にスキップ
3回押して前の曲にスキップ
長押しでSiriを起動

ノイズコントロールボタン:
押してアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
サイズ168.6 mm(横幅)
187.3 mm(高さ)
83.4 mm(奥行き)
重量384.8 g
Smart Case134.5 g
バッテリーAirPods Max単体:
1回の充電で最大20時間の再生/通話時間

Smart Case使用時:
超低電力状態に切り替わり、バッテリー充電が長持ち
充電Smart CaseのLightningコネクタ経由で充電
インターフェースBluetooth 5.0
アクセシビリティオーディオのライブリスニング
ヘッドフォン音量
ヘッドフォン調整
※アクセシビリティは障害のある方へのサポート
接続デバイスApple製品のみ:
iPhone, iPad, Apple Watch, Mac, Apple TV, iPod
コーデックAAC, SBC (予想)

『AirPods Max』のデメリット

AirPods Max」のデメリットを紹介していきます。

『AirPods Max』最大の弱点は重量が重い

AirPods Max」は384.8gの重量があり非常に重い部類になります。重さを気にしない人は無視してもいいでしょうが、果たして長時間使用に向いているかは疑問が残ります。

3.5mmイヤホンジャックはLightningコネクタへの変換が必要

最近のiPhoneは3.5mmのイヤホンジャックが廃止されていますが、「AirPods Max」も同様にイヤホンジャックがありません。

イヤホンジャックを接続するためにはLightningコネクタへの変換が必要になります。ちょっと飛行機で座席にある音源システムを使用したい場合には不便かもしれません。

折りたたみができない

AirPods Max」は付属のSmart Caseと呼ばれる収納ケースが付いてはいますが、折りたたみして収納することができません。かろうじてヘッド部分を回転できる構造にはなっていますが。。

旅行や出張で持ち運ぶには向いていないかもしれませんね。

また、Smart Caseも白で汚れが目立ちやすいので汚れも目立ちそうで人によって好みが大きく分かれるでしょう。

『AirPods Max』のメリット

次に「AirPods Max」のメリットです。

音響性能は抜群で高温から低音まで鮮明に音が出る

AirPods Max」の音質評価はとても良いです。

イヤーカップがピストン方式で伸縮する構造で映画や音楽、電話での会話といった様々なケースで素晴らしいサウンドを表現しています。

AirPods Maxのイヤーパッド
出典:techcrunch.com
AirPods Maxのイヤーパッド(内側)
出典:techcrunch.com

さらに、空間オーディオは大型のスピーカードライバーにより耳が覆われることで臨場感のあるサウンドを楽しめる設計がされています。

コントロールボタンは使いやすい

基本的にコントロールボタンは2つだけなので、すぐに慣れる設計がされているようですね。

再生/停止/スキップしたいときにDigital Crownを複数回押さなければいけないので、頻繁に再生/停止などの操作をする人には向いていないかもしれません。

『AirPods Max』のコーデックは?

AirPods Max」のコーデックはおそらくAACとSBCに対応していると予想されています。

これはAirPodsシリーズと同じBluetoothオーディオコーデックなのでほぼほぼ間違いないと思われます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。
普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間です。
日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる