Amazonでお得な買い物

【評価レビュー】世界最小Anker Nano Ⅱ 65Wは出張に最適なUSB PD充電器

Anker Nano Ⅱ 65W

今回はUSB PD充電器の代表格Anker Nano Ⅱ(65W)を評価レビューしていきます。

コンパクトで持ち運びしやすく、65Wでパワフルに急速充電できるので特に出張時におすすめの商品となります。

この記事はこんな人におすすめ
  • コンパクトなUSB PD充電器を探している
  • Anker Nano Ⅱ 65Wの評価を知りたい
  • Anker Nano Ⅱの45Wと65Wどちらがいいか迷っている
目次

Anker Nano Ⅱ 65Wの評価レビュー

Anker Nano Ⅱ(65W)を評価レビューしていきます。

コンパクトで格好いい|Ankerらしいデザイン

GaN(窒化ガリウム)を使っているため超小型化に成功しています。

黒とグレーのコントラストもAnkerらしくてカッコいいです。

Anker Nano 2 デザイン
デザイン

Macbook Air 2020の純正アダプタ(45W)と比較してもAnker Nano Ⅱ(65W)の方がひと回りコンパクトです。

Anker Nano Ⅱ 65WとMacbook Air 2020の純正アダプタ
左がAnker Nano Ⅱ 65W 右がMacbook Air 2020純正アダプタ

横幅はAnker Nano Ⅱ(65W)の方が太くなっていました。

Anker Nano Ⅱ 65WとMacbook Air 2020の純正アダプタ
左がAnker Nano Ⅱ 65W 右がMacbook Air 2020純正アダプタ

壁の電源コンセントに挿すとこんな感じ。コンパクトなので隣のコンセントに干渉しません。

Anker Nano Ⅱ 65W 壁コンセントに接続
壁コンセントに接続

重量はやや重め

Anker Nano Ⅱ(65W)の重量は117gとずっしりとした感覚でした。コンパクトな割に中身が詰まった印象。

Anker Nano Ⅱ 65W アダプタの重量
アダプタの重量(Anker Nano Ⅱ 65W)

Macbook Air 2020の純正アダプタ(45W)が99gなので+18g重い計算になります。

Macbook Air M1 2020 アダプタの重量
アダプタの重量(Macbook Air M1 2020)

コンセント部分が折りたたみできる

コンセント部分はたたんで格納できるので、持ち運びや収納しやすい点はGoodですね。

Anker Nano Ⅱ 65W
コンセントを収納

65W給電なのであらゆるノートPCを急速充電できる

ノートPCが急速充電に対応していれば、充電時間を短縮することもできます。

せっかく65WタイプのAnker Nano Ⅱを買ったので、手持ちのレノボのノートPC(X13)とMacbook Air 2020で純正アダプターと比較検証してみました。

Windowsパソコン

今まで使っていたレノボのノートPCは45W給電で専用アダプターが必要だったため、持ち歩くのに億劫でした。

しかし、Anker Nano Ⅱ 65Wにしたことで、今までよりもコンパクトで且つ高速に給電できるのは非常に助かります。出張時などに充電時間を確保できない時に、一気に充電できてしまうので安心感がありますね。

Macbook Air 2020

同じく使っているMacbook Air 2020については30WのUSB-Cアダプタを使っていました。こちらも先ほどと同様に65Wにすることで一気に充電できるようになりました。

レノボとMacbook Air 2020の充電時間を純正アダプタと比較してみた

Anker Nano Ⅱ 65Wによって純正アダプタよりもどれくらい早く充電できるかを、レノボとMacbook Air 2020でそれぞれ計測してみました。

レノボの充電時間とワット数を比較

Lenovo X13にて検証したところ、45Wの純正アダプタよりもAnker Nano Ⅱ(65W)の方が1時間以上も早く満充電できていました。

項目純正アダプタ (45W)Anker Nano Ⅱ (65W)
充電時間
(10→100%まで)
2時間29分1時間22分
レノボ Lenovo X13 充電時間
レノボ Lenovo X13 充電時間

Anker Nano Ⅱ(65W)を使用したときの充電中のワット数は約55Wでした。純正アダプタは45Wなので、それよりも急速充電できていることがわかりますね。

Lenovo X13充電中のワット数
充電中のワット数

Macbook Air 2020の充電時間とワット数を比較

Macbook Air 2020で充電性能を比較していきます。

項目純正アダプタ (45W)Anker Nano Ⅱ (65W)
充電時間
(10→100%まで)
3時間15分2時間15分

Macbook Air 2020は45W充電に対応しています。

純正アダプタとAnker Nano Ⅱ(65W)では充電中のワット数に違いが出ました。

純正アダプタは約28Wで充電されていました。

Macbook Air M1 2020 を純正アダプタで充電
バッテリー残量50%までのワット数

一方、Anker Nano Ⅱ(65W)では約45Wで充電されていました。これは、Macbook Air 2020の最大充電ワット数が45Wのためですね。

Macbook Air M1 2020 をAnker Nano Ⅱ 65Wで充電
バッテリー残量50%までのワット数

50%くらいまで充電するとだんだんワット数は落ちていきました。(100%近くでは30Wくらい。)

これは、急速に充電するとバッテリーが劣化するためだと思われます。

Anker製の電源タップ(Anker PowerPort Strip PD 6)に接続

Anker製の電源タップ(Anker PowerPort Strip PD 6)に接続してみました。隣同士の隙間がかなり余裕がある印象を受けました。

Anker Nano Ⅱ 65WとAnker PowerStrip PD 6
Anker PowerStrip PD 6に接続

Anker Nano Ⅱ スペック

Anker Nano Ⅱシリーズには30/45/65Wと3種類のラインナップがあります。

それぞれスペックを比較してみました。

項目Anker Nano Ⅱ
30W
Anker Nano Ⅱ
45W
Anker Nano Ⅱ
65W
ブラック/ホワイトブラックブラック
折りたたみ
価格¥2,990¥3,390¥3,990
サイズ32 × 28 × 27 mm35×38×41mm44 × 42 × 36mm
重量約34 g約68g約112g
Anker Nano Ⅱシリーズのスペック比較

ワット数が一番小さい30Wタイプは価格が一番安い反面、折りたたみができないデメリットがありますね。

ちょうど良さそう45Wタイプは重量が約68gと、Macbook Air 2020純正アダプタよりも30%ほど軽量化していることがわかります。

45Wと65Wどちらがいい?発熱を考慮すると65Wがベスト

Anker Nano Ⅱには45Wと65W(30Wもある)があります。

軽量コンパクトでいうと45Wタイプの方が持ち運びしやすいのは明らかですよね。

しかし、コンパクトになるほど発熱しやすいため45Wタイプだとアダプタの表面温度が40℃を超えてしまうようです。

スペックを持て余してしまうかもしれませんが、長く使うのであれば65Wタイプがおすすめです。

45Wタイプだと発熱で充電器そのものの寿命が短くなるため、長く使うなら65Wタイプがオススメ!!

おすすめのUSB-C充電ケーブル

Anker Nano ⅡにおすすめなUSB-Cケーブルは、Sisyphy USB-C to Cケーブル。

Sisyphy USB-C to C ケーブル
Sisyphy USB-C to C ケーブル(2mタイプ)
おすすめポイント
  • 100Wまでの充電に対応
  • 4K/60Hzの映像出力が可能なUSB3.2 Gen2の規格にも対応
  • 0.5mタイプで1,000円以下とリーズナブル

安くて充電以外の映像・通信といった用途にも使うことができます。

ただ、ケーブルの太さが6mmと厚めなので2mあるとそれなりに嵩張ります。2mタイプを1本持っていますが、今のところ携帯するのには不自由ないですが、人によっては気になるかもしれません。

Sisyphy USB-C to C ケーブル
6mmほどの太さ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インドア派で体育会系のソフトウェアエンジニアです。普段はパソコンをしながらコーヒーを飲むのが至福の時間。日々の生活を快適にするための情報を随時アップしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる